ダイエットの注意点

ダイエット万歳

ダイエット専門の情報サイト

ダイエットの注意点

      2015/06/06

スポンサーリンク

間違ったダイエット選び

色々なダイエット法がテレビ、雑誌で紹介されています。「一週間で○kg痩せる」「リバウンドしない」飛びつきたくなるようなコピーをつけて広告しています。本当でしょうか。
ダイエットの基本は消費カロリー>摂取カロリーという図式になります。これを実現するには、運動をしたり代謝を上げたりして消費カロリーを増やすか、または食事の量を減らして摂取カロリーを減らすかです。もしくは両方を同時に実現するかです。これに当てはまらないものはダイエットできません。取り組もうとするダイエット方法がどちらに当てはまるのか、またどのような仕組みなのか事前によく考えるといいでしょう。

薬物ダイエットについて

危険!!外国製のダイエットサプリメントには要注意です。以前に中国製のダイエットサプリメントを飲んで死亡する例がありました。肝臓の機能に影響を与えたそうです。基本的に外国製のサプリメントの使用はおすすめしません。

ダイエットの弊害

無理なダイエットや間違ったダイエットを繰り返すと、必要な栄養が足りず、痩せたはいいが体はボロボロになったりします。また、もともと病気を持っている人などは、無理なダイエットで症状を悪化させることもあります。そのようなことのないようにダイエットの弊害について、認識を深めましょう。
過激なダイエットを行うと、脂肪だけでなく筋肉が栄養として利用されます。結果として筋肉の量が減り、基礎代謝が下がります。つまり太りやすい体質になってしまいます。この状態でちょっとカロリーオーバーすると、一気にリバウンドします。そしてまた過激なダイエットというように悪循環にハマってしまいます。また低栄養になると、女性の場合は生理が止まったり、その他体調をくずす場合があります。無理なダイエットは禁物です。計画的に行いましょう。

外食の注意点

外食はダイエットの天敵です。カロリーは高いし塩分は多めだし、外食はしないに越したことはありませんよね。でも仕事上断れないことも多いし、男性の一人暮らしだと自分で調理するのも苦手という人もいるだろうし、たまには息抜きをしてみたいし、それぞれの事情で外食しなければならない時には、どうすればいいでしょうか。
私が実践していることは、野菜を最初に多めに食べることです。野菜を最初に食べると、食物繊維が糖の吸収を穏やかにしてくれます。また、満腹感も得られます。外食をする時は意識的に野菜を摂るようにするといいでしょう。

 - ニュース&コラム

スポンサーリンク

  関連記事

食事の時間をコンパクトにするとダイエットに有効?

「寝る前に食べると太る」と言われます。確かに寝る前に栄養を取ったら、寝ている間に …

5月29日は「こんにゃくの日」。あらためてこんにゃくとダイエットを考えてみる。

今日は5月29日です。「こんにゃくの日」です。 「529」→「ごにく」→「こに( …

外食でカロリー制限をする方法

ダイエット中なのに、会社の付き合いなどで外食しないといけない時ってありますよね。 …

あのCMでおなじみの「ライザップ」がいかなる理由でも全額返金OKに。

ブゥーチッブーチッ♪ ペペケッペッペペーペーペペ♪ ブゥーチッブーチッ♪ ペーペ …

脳の仕組みを使って食欲をコントロールする「食べるダイエット」

先日、TBS系の『林先生が驚く 初耳学!』で、ミス日本が実践する”よく食べるダイ …