5月29日は「こんにゃくの日」。あらためてこんにゃくとダイエットを考えてみる。

ニュース&コラム

今日は5月29日です。「こんにゃくの日」です。

「529」→「ごにく」→「こに(や)く」→「こんにゃく」という感じでしょうか。

「こんにゃくの日」は1989年に全国こんにゃく協同組合連合会が制定したそうです。語呂合わせの他にも、こんにゃくの植え付けが5月に行われるという意味合いもあるそうです。

さて、こんにゃくと言えば、低カロリーの代表食品ですよね。カロリーが低いのに食べごたえがあってダイエットにぴったりです。またグルコマンナンという食物繊維も豊富に含まれていて、お腹の調子も整えてくれます。

こんにゃくはおでんなどでそのまま食べる他にも、様々な形に加工されています。少し前に小腹が空いた時に最適!カロリーが極小のせんべいという記事で「こんにゃくせんべい」をご紹介しました。美味しいのにカロリーが低いので、おやつに最適です。

他にも「こんにゃくゼリー」が有名ですよね。こちらも美味しいのにカロリーが低くてダイエットに最適です。また、便秘にも有効で、CMでもアピールしていますよね。

こんにゃくそのものを食べ続けるのは、飽きてしまったり、栄養が偏ったりして難しいかもしれません。しかし、加工品をおやつ代わりに食べたりするのは手軽ですし、続けられそうです。

こんにゃくそのものでダイエットするという方法もいいですが、何かをこんにゃくに置き換えて、カロリーを抑え、食物繊維を摂るという方法もおすすめです。

試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました